歯のホワイトニングとは

”薬剤で歯を白くするのがホワイトニング”

歯を白くすることをホワイトニングと言いますが白くする方法は様々です。
マニュキア、ブリーチ、べニア、セラミックなど、どの施術を行っても歯は白くなります。しかし日本では一般的に「ホワイトニング」というときにはブリーチ(漂白)のことを指しています。

当サイトでも「ホワイトニング」という言葉を使っていますが、それは「ブリーチ」のことを示していて、その他の場合は施術名(たとえばラミネートべニア)で記述しています。

ホワイトニングのポイントは歯の表面だけ白くするのではなく、内側の黄ばみ、黒ずみを除去することで持続期間を長くすることです。

”歯の色が黄色や黒にクスム原因とは”

生活している環境で自然と黄ばんできますが、特に大きな原因は色素の強い飲食等が関係しています。
たとえば
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ワイン
  • たばこ
など大敵です。
また加齢による着色もあります。

”歯が白くなる以外の利点もある”

ホワイトニングするとその施術の過程で虫歯を治すことはもちろんですが(オフィスホワイトニングの場合)、歯垢や歯石を除去、口臭予防なども行われる場合も多く「一石二鳥」といえます。

※但し虫歯の治療は別途支払いを伴いますのでご注意ください。