歯を白くすると写真が好きになる

ホワイトニングしたら自撮りしたくなる

歯が白と笑顔の爽やかさが増すことは、冒頭の記事でお分かり頂けたと思います。口角を上げて笑うことで明るさをだし、白い歯を見せることで爽やかさを演出できます。

若い女性の間ではスマホによる自撮りが一般化していますが、ここでどうすると可愛く撮れるかを公開します。
まず撮る環境を選ぶことから始まります。昼間であれば太陽光を利用するのが一番です。日の入る部屋の窓の近くがベストポジションです。でも太陽の光が直接顔に当たってしまうのは避けましょう。レースのカーテンや薄手の布を窓越しに取り付けます。これで太陽光は布越しに顔に当たり、柔らかい光に変化します。これを光をディフーズすると言います。この光だったら、しわ、肌荒れが目立たなくなります。でもフラッシュを使ってはいけません。せっかくの柔らかい光を壊してしまうからです。
立ち位置は窓に対して横を向く感じだと、柔らかい光+顔の立体感が生まれベストアングルとなります。

次にカメラを顔より少し高い位置に構えます。そうすることで目が丸く見えで可愛らしさが増します。妹系にする場合はこのアングルがイイですね。

ここで口角を上げて爽やか笑顔を作ります。既にホワイトニングで白い歯になっていれば思い切って沢山微笑んでみましょう。

今回の自撮りアドバイスはタレントの宣材写真やオーディション写真を良く撮る方法さんの記事を引用しました。更に興味のある方は訪問してみては如何でしょうか。

歯 ホワイトニング